スナゴケは水はけと日当たりが重要と再認識

この写真は、富士山麓を散策した際に葉色がとても美しいスナゴケの群落を見つけ、思わず撮影したものです。そして「 スナゴケ 」は「 水はけ 」と「 日当たり 」が重要と再認識しました。 写真からも分かるとおり、このスナゴケが生えているのは富士山の溶岩石の砂礫の中です。溶岩石の...

この暑さでシッポゴケの葉先が焼けてしまいました。

写真をご覧のとおり、鉢植えにして屋内で楽しんでいたシッポゴケの元気がなくなってしまいました。シッポゴケの屋内栽培については、昨年の夏にエアコンの効いた部屋に置いていて乾燥によりダメにしてしまった事があります。その教訓を生かして今年は北側の部屋で、比較的涼しい場所を選んでエアコン...

見た目の色が変わる葉状地衣類の不思議

地衣類のなかでも特に葉状地衣類の仲間が分かりやすいのですが、観察する日によって明らかに色が違って見える事があります。 これらの地衣類は体の構造から、雨など水に濡れ水分を含むと見た目の色が変わるのです。だから日によって水分を含んでいる時とそうでない時では、見た目の色が違って見え...

かつて民間薬として利用されていたサルオガセのお話し

これから話す内容は、 “民間薬” として使われていたサルオガセについて書いています。あくまで民間薬という位置づけですから、効果効能や安全性が化学的に立証されたものでは無いので、決して試したりしないでくださいね。 まずサルオガセの自生している場所は、比較的標高の高い冷涼な山地...

フジノマンネングサを見るため富士山麓を探索

フジノマンネングサ というコウヤノマンネングサにそっくりなコケを見るために、富士山の麓を散策してきました。フジノマンネングサを漢字で書くと「富士之万年草」となり、やはり名称にフジと付くように、富士山麓のような年間を通して冷涼な亜高山帯で腐植質に富んだ所に自生しています。 今...