この暑さでシッポゴケの葉先が焼けてしまいました。

写真をご覧のとおり、鉢植えにして屋内で楽しんでいたシッポゴケの元気がなくなってしまいました。シッポゴケの屋内栽培については、昨年の夏にエアコンの効いた部屋に置いていて乾燥によりダメにしてしまった事があります。その教訓を生かして今年は北側の部屋で、比較的涼しい場所を選んでエアコン無しで置いていたのですが、このような状態になってしまいました。

葉先をよく見ると、酷い所では葉の先端から3分の2ほどまで枯れこんでいます。茶色く枯れこんでいる部分は、苔の株の中でも頂点に近いところが酷く、株元の部分はそれほど枯れこんではいませんでした。

屋内の比較的涼しい所と言ってもエアコンを使わないと、日中には30℃を越えてしまうので、冷涼な地域を好むシッポゴケにとっては厳しい環境ですね。本来ならば山地の樹林帯の日陰で、腐葉質に富んが土や樹皮に生えている苔です。気温としては、27℃くらいまでで、夕方には霧がかかるような環境が元気に生息できる環境です。

このままでは気温の下がる秋まで持たなそうだったので、屋外の1日中日影になっている北側の庭先に避難させてみる事にしました。この場所は、日陰で涼しく湿度もある程度ありゼニゴケがたくさん生えています。しばらくこちらに移動して様子を見てみたいと思います。